Ambient move.

Ambient move. );">

Blog

セッション1 w/Ina2020.03.01

ドイツ、デュッセルドルフについて3日が経ちました。

おうちの外は小鳥の声と緑の香りと澄んだ冷たい空気がとても心地よいです。
昨年の9月に開催されたロルフムーブメントWSで出会った、ロルファーのイナさんのおうちへ1週間ほど滞在します。
おうちはとてもとても快適で、地下には手作りジャムやジュースが沢山並んだ倉庫があったり、イナさんと美味しいご飯を食べながらボディーワークについてお話したり、課題を進めたりしています。

きのうの夜はイナさんのロルフィングセッションを受けました。
セッション1(胸部の開放)をしてもらいました。

ロルフィングのセッションは基本下着でやります。直接身体に触れての施術のためや身体のラインを隠さないためです。
しかし日本の文化的に下着姿はとても抵抗があることなのでロルフィングセッションではなかなかないのですが、イナさんのセッションは下着で行いました。
おうちの2階にはセッションルーム、3階に私の泊まっているお部屋があるのですが、セッション前に自室にいると下の階から

「ボーン、ボーン、ボボボボボーーン」

と心地の良く優しい音が聴こえてきました。

「・・・??どこから聴こえるんだろ・・」

と音の元を探しながら階段を降りていくと、イナさんがセッションルームで大きな手持ち太鼓をもってニコニコ顔でセッションルームの中をゆっくりと歩きながらそれを叩いていました。
時間になったから叩いて呼んでくれたようで、本当にお茶目で素敵な方です。(日本に住んでいたこともあり、セッションルームの床は畳です♪)
今まで日本で受けたロルフィングセッションは扇谷孝太郎さんの10セッションをはじめ、その誰もがソフトなタッチでした。
イナさんのセッションは私にとって、また新たな感覚と経験のギフトでした。

以下、セッション中の感想のようなメモ。

ーーーーーーーーー

イナさんのタッチは優しくも確かな、力強いタッチ。

ベッドの上で仰向けになり、肩甲骨の後ろに両手を置いて、ゆっくりとその手を揺らしてもらうと緩やかな波の海に浸かっているような感覚になりました。
イナさんの手はびっくりするほど温かく、フワッフワのふっくらとした手でそれだけでとても特別な時間に感じました。
背中とベッドの間に両手を滑り込ませると
「身体が小さくて痩せているね!片手で十分だわ!」
と日本人とドイツ人の骨格や体型の違いをイナさんも楽しんでくれているようでした。
私の肩は何だかとてもお喋りで、イナさんの手の微細な動きにやたらと反応していました。しばらくすると落ち着きました。
それはまるで、人のアクションに大して毎回リアクションをしなければならないと強制的に教え込まれた悪い癖のようでもあり、過剰に反応してしまうアレルギー反応のようにも感じられました。

左肋骨を前後から包み込み、グーっと圧を加え、その中で大きな呼吸をしました。
すると、身体が一気に解放された感覚があり 「身体」 という器がなくなってしまったような感覚でした。
どこまでも空間と身体が調和し、軽く背は高く、目はぱっちりと開き、骨の長さを感じるようになりました。

左側が終わって左右を比べてみると、右半身はむくんで重い粘土のように感じられました。
小さな頃から骨折したりケガはほぼ全て左半身にあります。視力も少しだけ左の方が弱い。そのことにも今回初めて気付きました。
「わ!ぜんぶ左側だ・・・!」って。

身体が閉じて眠っていたような感覚から、一気に身体が覚醒というか、完全に目覚めました。
発声にも明らかな変化があり、声が大きくなりました。笑 全身を力強く振動させながら発声している感覚で、身体だけでなく、声まで内に籠もっていたところから表に出てきたような。
今まで、なんだか喉を詰まらせて発声していたのか・・・と気付きました。

また、立った時に膝を過伸展してしまう癖にも気付きました。
膝をごくわずかに緩めるだけで、下腹部はゆったりとして心にもゆとりが生まれるようでした。

翌朝、まだその感覚は続いていました。
もちろん、日常生活の中で四六時中その感覚を感じている訳ではないのですが、気づいた時に少しばかりすぅーっと身体を落ち着かせてみます。
すると、セッション前の自分とは違う自分がここに居て、身体という器にくつろいで腰を下ろしていました。

おわり。

デュッセルドルフへ。2020.02.27

こんにちは!
今、成田空港の搭乗口の待ち時間にこれを書いています。

ついにきたか・・・

といった心境でしょうか。
今まで未来に向けて準備準備だったのが、ようやくその時が来て嬉しいです。
もちろん、緊張もしているけれど。

初めて訪れる国、違う空気、人、もの、自然・・・ひとつひとつを丁寧に味わうように、感じて来れたらと思います。
こういうチャンスをいただけて、本当に周りの人やお天道様にも感謝!!

さあ、もうすぐ出発。
行ってきます!

前日の心境2020.02.26

明日のあさ、デュッセルドルフへ旅立ちます。

そして、3月6日より、ミュンヘンでのロルフィング、プレトレーニングに参加します。
プレトレーニングは資格を取る前段階のロルフィングの基礎知識やボディーワーカーとしての振る舞いを学ぶとても貴重な場です。

去年の秋から参加しよう。と決め少しずつ準備してきました。
準備してきたと言っても、実際に行って現地の空気を吸って、はじめて色々なことがわかると思うので、準備したのは心意気だけと言えばそうかもしれません。

今まで自分が培ってきたことに自信をもって、そしてこれから待つ出会いと経験にワクワクして、何より今目の前に広がる景色や空気を大切にしながら、この身体めいいっぱい使って体験してこようと思います。

つづく現状確認…2020.02.23

とうとうロルフィング、プレトレーニングへ向けて出発の日が近づいてきました。

ここで一つ気がかりなのが、コロナウィルス・・・

私も私の周りにいる人も至って元気、健康そのものです。
だから、心配いらないという事ではなく、大切なのは、現地へ行って私が安全な環境でトレーニングに集中して参加できるかという事。

最悪の事態が起きた時の解決策は、自分がヘトヘトにならない程度にやっています。←ここ大事!

旅に出るには、もちろん楽しむ気満々で行くのですが、そのためには色んなリスクに備えて準備します。
その緊急事態に備えた全ての準備を1度も使う事なく元気に帰って来れることがほとんど。それでも、心配事のせいで楽しめなかったら残念なので、現地の知り合いに状況確認したりしています。
私を心配するひとは「こんな時に行かない方が良いのでは?」とか、ネットでもメディアが色ーーーーんな事を発信しています。

で、私はどうするのか。

新しい情報を常にキャッチしながら、冷静に判断したいと思います。
状況は刻一刻と変化しているので。

晴々とした気持ちで行けることを願って!!

My hip joint don’t have PAIN!2020.02.21

英語で伝える練習。。!
翻訳していないから、かなりデタラメ英語だけど、とにかくアウトプットすることに慣れる必要があるのでやってみました!
セッションの記録。

----
I had a Rolfing session with Nao Kusumi yesterday.
Because I had a pain in my hip joint. Also had PMS…
I have a flight to Germany for Rolfing Pre training next week, so I needed to care myself quickly.

That was a fabulous session. She touch softly and calm. She never control me and she keep touch so gently. And my Pelvis move like a wave.

And today, I wanted to move my body somehow, so I stood first position of Ballet and did Plie.
I felt small pain in my hip joint first. I have a hip joint pain from when I was young by my ballet training though..

But I remember Nao said “Feel softness of the sacrum.”yesterday when I sit on the chair after the session.
So when I did the first position, I tried relax my Sacrum, then I can feel gravity at my Pelvis. It's like I have a tail hanging down to the ground that keep comfortable. The pelvis tilted backward than beginning. Then I can feel the direction of Plie and also Grand plie.

THERE WAS NO PAIN IN ANY MOVEMENT…!!!

That was a huge realization for me!
Relax my Pelvis→ Feel gravity→ Movement→ My body stabilized, easy to move and SUPER COMFORTABLE!

I never realized this things, and I’ve been looking for where is the best place of my pelvis..and how to move with no pain for 20 years!

Tendu, Passe, Developpe a la seconde…
This is the first time I don’t feel pain.

I feel free in my body more and more if I keep learning about body.

----

昨日、股関節の痛みと、PMSが酷かったため楠美奈生さんのロルフィングセッションを受けてきました。
ロルフィンングのプレトレーニングのため、来週からドイツへ旅立つので、今のうちに身体の調整をしなければ!と思ったからです。

奈生さんのセッション、素晴らしかったです。とても優しく、静かに触れて、一度も私をコントロールしようとせず温かいタッチでした。それなのに、私の骨盤は大きな波のように沢山たくさん動きました。

そして今日、何となく動きたくなってバレエの1番ポジションでプリエをしました。するといつも通り股関節に小さな痛みが。
幼少期からストイックにバレエの練習をしており、その時から先生には股関節が硬いと言われ、いつも股関節が痛かったんです。

しかし、昨日のセッション後に椅子に座ったとき、
「仙骨を柔らかくしてみて」
と言われた時の感覚を思い出して、1ポジションに立っているときにそれを応用してみました。
すると、仙骨が緊張していたことに気付き、リラックスすると骨盤で重力を感じることができました。まるで尾骨からしっぽが生えて、そのしっぽがリラックスして地面の方へ向かって垂れているような感覚。骨盤はさっきより少し後傾して、それまで仙骨をキュッと緊張させ、前傾していたこともわかりました。
プリエやグランプリエをするとき、骨盤と体がどこへ向かえば良いのか、はっきりと方向性を感じることができました。

どんな動きをしても痛みがない・・・!!!!
これは本当に自分にとって凄すぎる事で、なぜなら8才頃からずっと、タンジュ、パッセ、デベロッぺアラセゴンド・・・何をしても股間節の痛みに苦しんでいたから。そして、その痛みを解決するために股関節のことばかり考えていました。その原因が仙骨だったとは、私もお医者さんも整体師も誰も言い当てることはありませんでした。

身体と出会い学ぶことで、私の身体は自由になる。

567