Ambient move.

Ambient move. );">

Blog

親子セッションしました2021.02.24

世の中のお母さん、本当に大尊敬してます。

自分の面倒をみるのも大変なのに、←これはわたし 笑
ワンオペ育児、尚且つおうちのこと、更に外でお仕事までしたりして……! 身体がひとつじゃ足りないし、私からみたら世のお母さんはマジシャンなんじゃないかと思うくらい、どんな仕組みでお母さんたちがやれてるのか、ちっともわかりません。

その上で、私のいる場所から書いてみました。
誰も非難しないし、むしろ私も、私の周りの素敵すぎるお母さんたちと一緒に考えたい。だってコレ、お母さんだけじゃなく自分ごとでもあるから!
以下、メモのようなセッションの記録です。

---

「子供は大人のコントロールにはしたがわない」

上手く思い通りのレールに乗せようものならすぐに気付く。

↑この子供をコントロールしようとしてる時、その本人の体はココにあるのにココに居ない。
本来の軸にかえるひとつの方法は、内側を感じ、身体の繊細な感覚に光をあてること。

⚫︎

地に足が降りて、腹の底にsettle downする。
内側の感覚 水分をふくんだ柔らかい身体

言葉になる前の小さな感覚の断片

本来の自分に軸がかえってきて、はじめて内側がお喋りをはじめる。意識を向けないと答えてくれないような 小さな叫び

その場所は 身体の内側の静かな湖から外の世界を眺めるよう

そんな親の横で 子供は驚くほど穏やか
その場にのびのびと くつろいでいる
自分が穏やかだと 子供も同じように穏やかなことを実感する大切さ

心が安らかで 危険のない安全な場で コントロールを手放してみる

自分の内側の 穏やかで 静かな場所へかえる
深く息を吐き 皮膚の緊張はゆるみ やわらかい肌感覚と目線で外の世界に触れてみる

横隔膜と尾骨の緊張が自然と緩み 内臓が動きはじめる

歩くたびに膝はやわらかく弾み 内臓と骨がバランスし 身体にボリュームが出て3Dの身体

それはまさにダンス

⚫︎

親が本来の自分から離れるほど 子供は色んなカタチで伝えてくれる

私の周りのお母さんはみんな最高に素敵で子供も天使のように可愛い

だからこそ "お母さん" という役割を頑張りすぎているようにも感じた

『子供は自由でいい どんな子供も完全で完璧
知ってるけど、つい瞬間的にコントロールしてしまう』

自分の中にある善悪のジャッジに挟まれ、葛藤したり自分を追い詰めてしまうと本当に苦しいから、どうかその瞬間に気付いて "ひと呼吸" してみてほしい。ただ、その状態に気付くだけでいいから。

本当に主観的な願いだけど
お母さんなんて役割がなくなって ファーストネームのその人が一番輝いて
子供といる事でもっとその輝きが増し、その光に子供が包まれますように

きっと皆んなが難しくないやり方で それを実現できるって信じたい もっとシンプルに もっと皆んなにやさしい世界 すべては自分の内側の光からはじまる世界

大人も子供も性別も国籍も関係なく
ひとりひとりが自分の存在を信じて成長できますように

祈るとともに 実践して 知って
軽やかにワクワクする世界は、ひとりひとりの意識からつくり出せると信じてます。

同じ方向を向くひとで助け合って進んでいけると。

---

『言葉では説明できなくて、このままの状態を見てほしかった』

と言って3歳のお子さんと私のもとへいらしたお母さん。同じような人に届いて欲しいという意向よりこの様な文章を書かせていただきました。

----------
Ambient move. というボディメソッドを行っています。
2人組で背中合わせになり波のように色々な方向へ背骨を動かすことで、緊張から開放し、自分のなかと繋がっていくワークです。
セッションは以下のアドレスから♪
ambientmove@gmail.com
Instagram ID: ambient_move