Ambient move.

Ambient move. );">

Blog

2022.07.10

屋久島から帰ってきました。

帰って4日たつもまだ余韻の中にいます。
あの島の空気や水が本当に気持ちよくて
滞在中、日に日に自分の顔が生き生きとしていき、表情が明るく開放的になっていくのがわかりました。

あの島では、自然と自分が "ひとつながり" になっていることを感じずにはいられませんでした。
東京にいても、もちろんつながっているんだろうけど
こちらでは、たまに目を閉じてそちらへ(自然へ)
意識を向けないと、つながりを忘れている事が多いです。

空気と水が美味しいからか、ふしぎと屋久島では雨が全然嫌じゃなくて、むしろ気持ちがよかった。

はじめは "ソトモノ" だったのが
島のお水を飲んだり、山にはいったり、霧に包まれたりしているうちに、どんどん私も屋久島の自然と一体となっていくのがわかりました。

森に住む動物たち、苔や花々にも、この同じ水が流れているというのはなんとも不思議な感覚でした。
山を歩くと、大きな島の自然と共鳴し言葉のない会話をずっとしているようでした。