Ambient move.

Ambient move. );">

Blog

Source Point Therapy 基礎モジュールを終えて2020.10.15

先日、ソースポイントセラピーの基礎モジュールが終了し、修了証をいただきました。
終わったとはいえ、まだまだ心身ともにプロセスの渦中ですが、今の私のコトバで、ここに「個人的な感想」として残します。

ソースポイントセラピー(以下SPT)はシンプルなエネルギーワークで、痛みやネガティブなものを解消したりコントロールすることではなく、『健全』に意識を向けることで、心身を健康にしていきます。

SPTがどんなものかについてもっと知りたい方は、ぜひこちらをご覧くださいね。

今回お世話になり、日本で唯一SPTを教えているヒロさんのWebサイトより
https://www.thespaceten.com/sourcepoint-therapy

創始者ボブとドナの英語Webサイト
https://sourcepointtherapy.com/

出会いのキッカケやこのワークに辿り着くまでのあれこれは省略しますが、突然ポッと現れて全てがトントン拍子で進んでいき、気付いたらモジュール1に参加していました。こういうのをトントン拍子っていうのかぁ、と言うくらい人生でダントツトントンでした。笑

以下、感想です。

ーーーーーーーーーー

 

目をとじる

呼吸に意識をむける

健全に意識を向ければ、そこは健全の世界
悲しみに向ければ、そこは悲しみの世界

いつでも選択できるということ

健全は絶対に私を傷つけないということ
誰にも侵略されない安心の場所

それを共有することは愛と光を共有する行為
あたたかく やさしく なつかしいところ

スピリチュアルは高次へいくためではなく
今ここをサバイブする私たちのために。

それは時空間をも超えて、繋がっていく

すべては体験を通した気付きの中に。

 

ーーーーーーーーーー

【SPTの考え】
モジュールで、SPTの理解が体験を通して深まれば深まるほどに、このワークが私の「救い」であると感じました。

●「健全に意識を向ける」ということ
SPTでは、身体にいくつかのポイントがあり、そこのポイントやポイント同士を繋ぐラインの乱れに「健全」を提供していくことで身体を整えます。悪いものを取り除くのではなく、シンプルに乱れているところに「光」をあててあげるイメージです。

その考えのもと、ワークで私やメンバーの身体が肉体的にもエネルギー的にも、精神的にも変化し、癒されていくプロセスをともに体験できたこと自体が私を救ってくれたのです。

ー日常での、辛い・悲しい・怒りがあった時の、発散方法がわからない。

幼い頃からアートや音楽、映画、ダンス…色々な表現のなかで、ネガティブなエネルギーをそのまま表現するものが苦手でした。
私は、これまでもダンサーとして踊りを通して表現をしてきましたが、怒りや混乱、恨みなどドロドロしたものを感情のままに表出させる作品は、自傷行為のように感じてしまい、とても悲しくなっていました。

日常でも同じで、ネガティブなことを口にすることが嫌いでした。
それでも、人間である以上、生活の中で色々な感情が浮かび上がってくるのは自然なこと。

SPTの考えでは、そんな時に、押し込めて、我慢するのではなく、「健全・光」をもたらすことで、私に必要なプロセスが進行し、癒えていきました。
「たった今の私が、進むべき場所への入口」を提供してくれました。

その行為は、今を認めた上での「祈り」であり、「癒し」であり、SPTは清水のようにスッと私の中に入り、これからの私や、私を必要としてくれる方々の人生を祝福してくれるようでした。

 

【TENで学ぶこと】
はじめは説明を思考で理解しようとしていました。ダンスも何もかも直感と体感覚でしか生きてこなかった私としては、とにかく「アタマ」で理解してみたかったのです。

しかし、モジュールが進むにつれ、経験によってもたらされる「気付き」こそ学びだということに気付いていきました。

自分の中の違和感やこんがらがった事をまとまらない言葉のまま質問しても、そのコトバを整理し、理解し応えてくれるヒロさん。
そして、どんな時でもあたたかく話に耳を傾け、心を開いていてくれているメンバー。さらに、開催地である『TEN』という場が何があっても「絶対だいじょうぶ」という空間を守っていたようでした。「絶対」というコトバは普段使うことはないのですが、全身がその絶対的な安心に気付いていて、その場で起こることに身を任せ、楽しむことができました。

また、SPTの創始者であるボブとドナとオンラインで交われたことはとてもパワフルでした。何年もの歳月をかけて、信じるものを選択し続けた2人の声の響きは愛に溢れ、真理を語り、ときにチャーミングな人間らしさを楽しんでいるようでした。
私の指針となる希望です。

あの場にいる全員が「光を選択したひと」でした。

あの瞬間にあのメンバーで体験できたことに心からの感謝と愛を送ります。

柔術のおもしろさ2020.09.18

こんにちは。

先日柔術のクラスに参加しました。
と言っても、最初の体慣らしの運動のみ参加しました。
なんだかんだで2年通っているキックボクシングジムで毎週やっている柔術クラス。
いつもその動きに見入ってしまい、ついに参加!!という感じてした。

体慣らしは、前転・後転をはじめフロアを使った運動をします。
そして、体の重心移動をうまく使って前へ進んだり、横へ進んだり…。
見ていると簡単そうでも、身体を”素直に”使うことって実は難しいんです。

なんでこんなに魅了されるのかな…と思ったら、やっぱり
「小さな力で身体の動きを最大限に生かす」そしてその為には
「身体の中で重心を滑らかにうごかす」
という所が魅力的なんだと思います。

身体が極々自然体で、スムーズに動いていると、ぎこちなさは一切なく、本当に簡単そうに見えます。
私のやっていたクラシックバレエでも、ピルエットを3回転簡単に回る人は、軸が一切ブレずにとても簡単そうに見えますが、その軸が1ミリずれるだけでもう回ることが難しくなります。その「点」の感覚を身体で覚えれば、誰でも簡単にできますが、それを習得するのには本当に繊細な感覚と鍛錬が必要です。

同じように、柔術では力が強いことではなく、力点を捉え、その力を生かせることが大切なのかなと思います。
そうやって力を練ったり流したり止めたり、身体を駆け巡る様子がとても魅力的で面白いです。

そして、これってまさにコンテンポラリーダンスのフロアワークなんです。
ダンサーや学校のマット運動とかでも、この内容やったら、本当にいいのになあ。

感覚の言語化2020.09.15

身体を滑らかに使える様になると
体内の流動性にも気づける様になる。

(流動性・・・肉体の目に見えるレベルと目に見えない体感や体液の流れなど)

また身体の中を行き来する「流れ」を一度でも体験すると

”良い姿勢”
”外見の見栄え”などの固定的なこだわりから

(見栄えを気にするのが良い悪いということではないです。1つのことに長く執着するという意味。)

「この瞬間のうちの感覚」
「私だけの体験」へと向きはじめる。

それは、川の流れが上流から下流へ流れる様に自然体である。

----------

アンビエントムーブのセッションで身体を動かしているとき、意識は「相手の背中」へ向けます。
すると、徐々に私と相手が 「個」と「個」
だったのが、1つの大きなものに包まれている様な、1つの有機体となって動いている様な感覚になります。

そして、2人の身体を1つの”海”に例えると、
動くたびにその波の重心の点が変わって、厚み・密度・色・質などが穏やかに、時にダイナミックに移り変わっていく様です。

身体感覚を言葉で伝えるのって難しいですね。
とても抽象的になってしまいます。
数値化したり、科学的に証明してみたりすれば、「頭で納得」していただくことはできるのでしょう。
(それにしても私のもってる技術ではできませんが…!)

しかし、私は頭で理解して欲しいのではなく、
「身体で体験」してもらえたらな。もしくは、言語を「感じて、味わって」もらえたらな、と思っています。

だから、とっても抽象的、時にちょっと怪しい表現になってしまったりします。笑
だから、よく「これって発信してだいじょぶかね…?」と不安になるのですが、ただ口をつぐんでいるのではなく、こうして何か見えるカタチで表現したいとおもいます。

近況2020.08.13

こんにちは

更新がすこしとぎれてしまいました。
と言うのも、感覚や心がどんどんアップデートしていてなかなか、言語化が追いつかなかったからです。

春にドイツから帰国して、あっという間に季節は夏真っ盛り。その間も、色々なニュースや生活様式の変化のたびに、改めて自分が大切にしたい事と今の現状とのギャップをすり合わせていくことをしていました。
そして、知識ゼロから、はじめての動画編集をしてYouTubeでドイツでのことを発信したりなんかもしていました。

皆さんはどんな今日をすごしていますか?

今までのルーティンから、世界の多くの人が自動的に外れる環境って本当に人生で初体験です。私は元気に生活しています。

フリーで活動している私にとって、言葉を綴って発信することはとても大切で好きな作業です。だからこそ、上部だけの言葉や、本心とはズレたそれっぽい表現はしたくなかったのです。

気心知れた友人からは「真面目か!」とよく突っ込まれます。(もちろん良い意味で!)もうそう言う生き方なんです。良い悪いを越えて、ただ自分を全うしたいと思っています。

いつでも、私を惹きつけてワクワクさせる言葉は、その人のなかに響いている言葉です。なので、私もそんな言葉を発したい。

やれることが制限されているようで、何故だか不思議なところから、出会いや学びを受け取っています。それも必然と言える程に、今この瞬間にとてもとても必要で、大切なエッセンスばかりです。

ゆっくりペースかもしれませんが、また少しずつ、言葉やInstagramの写真でお伝えしていきたいとおもいます。

ーーーーーーーーーー

Hi, I've been a long time to bloging.
Most people all around the world are changing our life cycle, probably this is the first time that I was born. And I'm good.

It's important to writing out for me as a freelancer. That's why I dod't want to use words that were only at the top or that kind of language that was out of line with what I really wanted to say. Some best friend said to me, "Are you serious! I'm often prodded to do this. (In a good way, of course!) That's the way I already live my life. I want to move beyond the good and bad and just live my life to the fullest.

Anytime I have a word that attracts me and excites me, it's a word that resonates in that person. So I want to say those words too.

We seem to be limited in what we can do, but somehow I' m receiving encounters and learning from a magical place. It's all very, very necessary and important essences of the present moment, so much so that it's inevitable.

It may be at a slower pace, but I'm hoping to tell you about it again, little by little, through words and Instagram photos.

自然農法2020.08.11

きのう、自然農法で作られたお野菜を買いました。

自然農法っていうのは「農薬、肥料を使わず、耕さない」で栽培するみたいです。つまり、自然のままです。有機栽培とはべつです。
以前、自然栽培をやっている木村秋則さんを題材にした書籍や映画で「奇跡のリンゴ」というのがありましたね。

私が買ったのは人参とキャベツ。(季節じゃないけど…違いを感じてみたかった)値段はスーパーの3〜4倍しました。
人参は切る前から野生の青々しい人参の香りがしました。いつも買うスーパーのは何の香りもしません。キャベツはスーパーで買うと薬品の味がして、特に芯はそれが強くて捨ててしまうことが多かったのですが、自然農法のキャベツの芯は辛味大根のようで全く捨てるところがありませんでした。生でもスープにしても、本当に美味しい。

そして、虫にも食われていませんでした。

何かで読んだところによると、自然栽培は虫すらいないらしいのです。農薬を使っていないと虫がいるのはしょうがないよね〜と思っていたので、そのはなしには驚きました。ふしぎ!

そういえば、ドイツで宿泊させてもらったおうちでも、シュタイナーのバイオダイナミック農法と言う自然農法の一種をやられているお宅でした。
自分の興味が尽きなくて、その全部が繋がっています。

入り口は自分の身体。そこから、全てのバランスが整った、「自然」という形態にますます興味が湧きます。

12