Ambient move.

Ambient move. );">

Blog

在り方を示す-Being2020.04.30

こんにちは。

このような状況の中、私がインストラクターを勤めるヨガスタジオでもオンラインレッスンを始めます。

そして、私はレッスンを提供しないことにしました。
オンラインレッスン事態は素晴らしいものだと思っています。
私もおうちで好きなインストラクターさんのオンラインレッスンを受けたり、ちょっとカラダを動かすことでかなり、リフレッシュできること、そして、ライブでやることで確実に 「他者との繋がり」 を感じることができ、私もとても救われています。

ただ、私が提供する事になぜか”違和感”がありました。
スタジオの皆さんのお役にたちたい!と願い、家で何も貢献できていない事にヤキモキしていた自分がいました。

それでも、今するべき事は「やらない事」だと判断しました。

今やるべき行動は人によって違うと思います。
置かれている状況もですし、もっと大きな、人生のタイミングとか、見ている世界によっても違うと思います。
そして、やらないと言う意志表示が自分の存在を表現しているパワフルな行為であり、この事が、誰かの何か大切な事に気付くキッカケになったらいいな、と思います。

自分の心地よいと思う事をやり続けてください。
私もそうします。

----------

Hello.

In this situation, the yoga studio where I teach is also starting to offer online classes.

And I have decided not to offer a lesson.
I think the online lesson thing is a great thing. I also find it very refreshing to take online lessons from my favorite instructors at home, and to move my body a little bit, and I definitely feel a sense of connection with others when I do it live.

However, there was a sense of discomfort with what I was offering.
I'd love to be of service to you guys in the studio! I found myself wishing that I hadn't been able to contribute anything at home.

Still, I decided that the only thing to do now was to "not do it.

I think the action to take now is different for everyone.
I think it depends on the situation you are in, but it also depends on the bigger point, the timing of your life and the world you are looking at.
And I hope that this is a powerful act of expressing one's existence, and that it will help someone to realize something important.

Keep doing what you feel comfortable doing.
I do, too.

ヨガ&価値観WS2020.02.17

昨日、ヨガインストラクターのSaicoちゃんが主催するヨガ×価値観のWSに参加してきました。

ヨガは友人が誘ってくれたヨガイベントに参加したり、陰ヨガというほとんどジーーーーっとしているマニアックな(とその先生は言ってた)ものに行ったことがあるくらい。今回、こうしてじっくり受けれたのはとても嬉しかった・・・!前半はフローヨガ、後半はグループに分かれて価値観を探るカードとチャートを使いながら。

●ヨガ・・・シャバーサナが凄かった。。シャバーサナって「屍(しかばね)のポーズ」と言われてる意味が体感として初めてわかった。動いた後に仰向けで床に寝ると人生最後の日に死んで床に横たわっているような擬似体験ができた。その時の自分の呼吸はなんだか特殊だった。驚くほど静かで深いところにいるような。シャバーサナが終わって一呼吸め、鼻からすぅーっと息すると、生まれ変わった全く新しい物体になってしまったよう。自分の最後の日、私は何を想って、どんな感覚で迎えるだろう。。いつでも「死」を感じ、だからこそ「生」が生き生きとし始める。
●価値観を探る・・・100個の(確か100個)価値観にまつわる言葉がかかれたカードをグループでトランプゲームのように遊び感覚(みんなかなり本気の)で選んで探る。という内容。いつも自分が使い慣れていない言葉が出てきたり、ゲームのなかでテンポよく進めていくことで思考ではなく直感、そのカードを持っているときの身体感覚を頼りに選ぶのが面白いほどしっくりくるものだった。また、その言葉を色や場所、香りなどで表してチャートへ書き込んでみると、言葉と感覚、イメージは直結して、これまた身体感覚と深いところで結びついているなあ、と思った。そして、その感覚を思い出せば、すぐにその「言葉」を思い出せた。不思議。

サイコちゃんの生き方や、考えやまとっている空気感などなどのエッセンスがたーくさんちりばめられた、本当に彼女だからできるWSなんじゃないかな、と思いました。
あー楽しかった!!

静かな身体2020.02.09

静けさを保つのって本当に難しい?それとも簡単

今日、ヨガスタジオへ行くとお隣の部屋でお食事イベントをやっていたらしく、とっても賑やか、且つ煮魚のような香りがしてきました

おぉ!賑やかだなぁ~集中できるかな?!と思ったけど、自分の中に嫌な感じはなく、むしろワクワクしていました。

なぜかと言うと、日常がまさにその様な環境だから。常に誰かからメールがきたり、SNSのタイムラインは止めどなく流れ込んできて、スクランブル交差点の真ん中に立っている様にいつも自分の周りは大忙し。

「さぁそんな中でどうやって静けさをつくろうか」

それがヨガスタジオという安全な場所であるからこそ、ゆっくりと楽しみながら取り組める。そして、その感覚がきっと日常にも役立つ。

スタジオで呼吸から始まると、さっきまで騒がしさがスグ私の横で感じられていたのが、少しずつ遠くへ離れていく様な感覚がありました。

それは、舞台全体が明るく照らされていたのが、少しずつ周りの照明が落ち、自分のところだけスポットライトが当てられていくような感覚でもありました。目の前には大勢のお客さん、自分の後ろには小道具や一緒に踊る仲間やスクリーンがあるけど、少しずつ自分ひとりになっていく様に。

騒がしさを感じない様になるんじゃなくて、静かな身体はいつでも「いま、ここ」にあると分かっていれば、いつでもその「静かな身体」と出会えるのではないか、と思いました。

やっぱり、現実世界では難しいなぁーー!と思うかもしれないけれど

おしまい。