Ambient move.

Ambient move. );">

Blog

触れる2020.12.04

失った時になってはじめてその大切さに気付くことってあります。

今年にはいって、「触れること」についてあらためて考える機会がたくさんありました。
ZOOMミーティング、オンラインレッスン、オンラインショップ、ウェビナー、VR……。

これらが活発になることで

「直接足を運ばなくともこんなに色んな事がやれるんだ!
こんなに人とつながれるんだ!」

と感動したり、救われたことの一つでもあります。
そして、同時にこうも思うのです。

「触れることでかけがえのないものを受け取ってたんだ」

友人と直接会話する。
人に触れる
ライブやコンサートで音に触れる
お店に行って洋服の生地に触れて、色を見て服を選ぶ。

Ambient move.のWebサイトに

深呼吸
触れ合う
ほどける

とかかげているように、触れることから、本当にかけがえのないものを受け取っていたんだと気付かされました。

 

----------
Ambient move. というボディメソッドを行っています。
2人組で背中合わせになり波のように色々な方向へ背骨を動かすことで、緊張から開放し、自分のなかと繋がっていくワークです。
セッションは以下のアドレスから♪
ambientmove@gmail.com
Instagram ID: ambient_move

つながる2020.12.01

今日はヨガスタジオのレッスン日。

桜新町のスタジオでは、私が教え初めた当初から、ずーっと欠かさず毎週きてくださる方や、最近からいらした方でもコンスタントにいらしてくださり、一度いらした方はリピートしてくださる方が本当に多く、感謝の気持ちでいっぱいです。

今までも、そしてこれからも、「身体のつながりを感じる」というのが、私のクラスで大切にしたいことの一つです。

そして、つながりを感じるには、まずはガチガチに緊張した心と身体をゆるめていくということが自ずと大切になってきます。
こちらのスタジオでは、アロマを使ったスタジオというのも特徴なので、たっぷりと深い呼吸をしていくこともゆるむのに役立ちます。

現状、グループレッスンではマスクをしていただくため、アロマの香りをダイレクトに感じる事がむつかしいと感じることもあります。
しかし、そのいい香りをたっぷり味わうように深呼吸してみる、それだけで感覚スイッチがオンになり、身体の内側でおこる反応に気付きやすくなる。そして、外側の空間をやさしく受け入れ、心身がオープンになることを私自身、そしてレッスンのお客さまを見ていて感じています。

12月にはいり、ぐんと冬が深まってきて身体が冷えやすくなる時期。
深い呼吸、そしてふかふかの心身で自分をいたわるじかんをぜひとってみてください。

----------
Ambient move. というボディメソッドを行っています。
2人組で背中合わせになり波のように色々な方向へ背骨を動かすことで、緊張から開放し、自分のなかと繋がっていくワークです。
セッションは以下のアドレスから♪
ambientmove@gmail.com

Instagram ID: ambient_move

五行ライフ2020.11.25

ここ数日は春のような暖かさの東京でしたが、またグンと寒くなってきましたね。

先月からオンラインで東洋医学の "五行" という考え方について学んでいます。
この世の全ては "木火土金水” の5つのエネルギーでできていて、1年を通してその主役になるエネルギーは移り変わっていきます。

そこで、季節にあった過ごし方を学び、それに加えて自分の持つ氣が乱れるとどんなサインが出るのー?
それを整えるにはどうしたらいいのー? なんてことを学んでいきます。

秋編と冬編を学んで一番感じたのは、私の日常でおこる様々な言動・感情・思考を五行でみることで、今の自分の状態を冷静に捉えて対応しやすいということ。

「何だかわからないけど気分が落ち込む。」
「何だかわからないけどはっぴー!」

その "何だかわからないけど" の部分を五行を当てはめて理解することで、どうしたら良いかわからない状態が減って心身が安定するなぁ。と感じました。

自分を整えるための引き出しを持つことで、誰かにどうにかしてもらわなくても自分で整える事ができる、「大丈夫!」 と思えて、その「大丈夫!」が自分のベースに在ること自体が相当パワフルに私をサポートしてくれています。

知識にそった暮らしにただただ生真面目に従うなんて必要は一切なくて、「身体の声に素直になる」という超シンプル。
今の自分の知識が少しのひとも、沢山のひとも、まずは身体のサインに気付くこと。(これが難しかったりもするのですが…!)
たとえば、「今日はゆっくりしたい気分なのか〜じゃあどんなふうにゆっくりしたいかな?」 と素直に自分に聞いてあげて、自分の生活に取り入れれる範囲でやってみる。どんな人でも、今からやれることがたーくさんあります。

あとは、五行ライフを教えてくれている安倍さんが丁寧にわかりやすく教えてくださって、どんな質問にも答えてくださるので安心して受ける事ができます。
前から東洋医学に興味があったのは事実ですが、学べるなら何でも良いと言うわけではなく、「この人から学びたい!」と思えることで新しい扉を安心して開く事ができるってあると思います。出会いにほんとーに感謝です。

今年はたくさんのボディーワーカーの方に出会う事ができています。その方の専門にしている分野だけでも、すでに素晴らしいのに、色んな分野をズーーーっと学び続けている方々ばかり。色んな角度から見て、触れて、感じて、試して…体験を通して "生きた身体" を知っていくってワクワクします。それが、誰かを癒したり、はっぴーにするサポートになるって素敵です。

知識や経験は縛られるものではなくて、使うもの。
それを使うことで、開放されて、自由になると感じるならどんどん使えばいい。
この世界をたくましく、しなやかに、やさしく生きていくツールをグングン吸収していきたいです。

まずは自分自身の生活に五行ライフを生かし、少しずつ私のお客様にもお伝えしていけたらいいなぁと思います。

私のなかのアニマルが発動する2020.11.16

こんにちは。

先日、河川敷に行きました。建物もなーんにもなくてきもちよかった!
久々に音楽グループのクリエーションのため、汗をかき息が切れるほど踊りました。
(最近はもっぱら身体感覚を使ったワークを家でするかキッチンで料理をしながら踊る程度…)

11月にはいり、だいぶ肌寒くなってきていても、太陽の日差しはとっても強く、日陰のない河川敷は肌がちりちりしました。
遠くの方には、犬のお散歩で歩く人たち。こどもの声。

半径100mは誰もいないので、何を気にするでもなく歌い、踊り、笑うことのできる環境。

風の音は耳元で大きく鳴り
ゆったりと流れる大きな川
眩しい夕陽はゴオオオオと音をたてている

大きな自然に溶け出し、夕陽にまみれてダンスするのは本当に何にも変えがたい幸せでした。

その時、私のなかの動物のような感覚が発動しているようでした。
地球の息づかい、太陽の振動、10キロ先まで続く地面をすべて感じ切っているような、かと思えば頭の上に飛ぶちいさな虫にも同時に気付いている。

日常の小さくて深刻な悩みなどとは別の次元のとても大切な感覚。
誰でも持っているその感覚を発動させませんか?

----------
Ambient move. というボディメソッドを行っています。
2人組で背中合わせになり背骨を動かすことで、緊張から開放し、自分のなかと繋がっていくワークです。
セッションは以下のアドレスから♪
ambientmove@gmail.com

Source Point Therapy 基礎モジュールを終えて2020.10.15

先日、ソースポイントセラピーの基礎モジュールが終了し、修了証をいただきました。
終わったとはいえ、まだまだ心身ともにプロセスの渦中ですが、今の私のコトバで、ここに「個人的な感想」として残します。

ソースポイントセラピー(以下SPT)はシンプルなエネルギーワークで、痛みやネガティブなものを解消したりコントロールすることではなく、『健全』に意識を向けることで、心身を健康にしていきます。

SPTがどんなものかについてもっと知りたい方は、ぜひこちらをご覧くださいね。

今回お世話になり、日本で唯一SPTを教えているヒロさんのWebサイトより
https://www.thespaceten.com/sourcepoint-therapy

創始者ボブとドナの英語Webサイト
https://sourcepointtherapy.com/

出会いのキッカケやこのワークに辿り着くまでのあれこれは省略しますが、突然ポッと現れて全てがトントン拍子で進んでいき、気付いたらモジュール1に参加していました。こういうのをトントン拍子っていうのかぁ、と言うくらい人生でダントツトントンでした。笑

以下、感想です。

ーーーーーーーーーー

 

目をとじる

呼吸に意識をむける

健全に意識を向ければ、そこは健全の世界
悲しみに向ければ、そこは悲しみの世界

いつでも選択できるということ

健全は絶対に私を傷つけないということ
誰にも侵略されない安心の場所

それを共有することは愛と光を共有する行為
あたたかく やさしく なつかしいところ

スピリチュアルは高次へいくためではなく
今ここをサバイブする私たちのために。

それは時空間をも超えて、繋がっていく

すべては体験を通した気付きの中に。

 

ーーーーーーーーーー

【SPTの考え】
モジュールで、SPTの理解が体験を通して深まれば深まるほどに、このワークが私の「救い」であると感じました。

●「健全に意識を向ける」ということ
SPTでは、身体にいくつかのポイントがあり、そこのポイントやポイント同士を繋ぐラインの乱れに「健全」を提供していくことで身体を整えます。悪いものを取り除くのではなく、シンプルに乱れているところに「光」をあててあげるイメージです。

その考えのもと、ワークで私やメンバーの身体が肉体的にもエネルギー的にも、精神的にも変化し、癒されていくプロセスをともに体験できたこと自体が私を救ってくれたのです。

ー日常での、辛い・悲しい・怒りがあった時の、発散方法がわからない。

幼い頃からアートや音楽、映画、ダンス…色々な表現のなかで、ネガティブなエネルギーをそのまま表現するものが苦手でした。
私は、これまでもダンサーとして踊りを通して表現をしてきましたが、怒りや混乱、恨みなどドロドロしたものを感情のままに表出させる作品は、自傷行為のように感じてしまい、とても悲しくなっていました。

日常でも同じで、ネガティブなことを口にすることが嫌いでした。
それでも、人間である以上、生活の中で色々な感情が浮かび上がってくるのは自然なこと。

SPTの考えでは、そんな時に、押し込めて、我慢するのではなく、「健全・光」をもたらすことで、私に必要なプロセスが進行し、癒えていきました。
「たった今の私が、進むべき場所への入口」を提供してくれました。

その行為は、今を認めた上での「祈り」であり、「癒し」であり、SPTは清水のようにスッと私の中に入り、これからの私や、私を必要としてくれる方々の人生を祝福してくれるようでした。

 

【TENで学ぶこと】
はじめは説明を思考で理解しようとしていました。ダンスも何もかも直感と体感覚でしか生きてこなかった私としては、とにかく「アタマ」で理解してみたかったのです。

しかし、モジュールが進むにつれ、経験によってもたらされる「気付き」こそ学びだということに気付いていきました。

自分の中の違和感やこんがらがった事をまとまらない言葉のまま質問しても、そのコトバを整理し、理解し応えてくれるヒロさん。
そして、どんな時でもあたたかく話に耳を傾け、心を開いていてくれているメンバー。さらに、開催地である『TEN』という場が何があっても「絶対だいじょうぶ」という空間を守っていたようでした。「絶対」というコトバは普段使うことはないのですが、全身がその絶対的な安心に気付いていて、その場で起こることに身を任せ、楽しむことができました。

また、SPTの創始者であるボブとドナとオンラインで交われたことはとてもパワフルでした。何年もの歳月をかけて、信じるものを選択し続けた2人の声の響きは愛に溢れ、真理を語り、ときにチャーミングな人間らしさを楽しんでいるようでした。
私の指針となる希望です。

あの場にいる全員が「光を選択したひと」でした。

あの瞬間にあのメンバーで体験できたことに心からの感謝と愛を送ります。

12