Ambient move.

Ambient move. );">

Blog

美しい言葉をたべる-Eat a beautiful word.2020.05.14

大好きな喫茶店があって、何かにつけて其処へ訪れ、ぼーっと過ごしたり、本を読んだり、自分を整理したりして過ごしていました。
しかし、電車に乗らないと行けないので、今は我慢。その喫茶店の本を読みました。

すると、お店のスタッフさんや社長さんのインタビューが載っていて、その言葉に心がホッとして身体が整いました。
内容もですが、その「言葉づかい」がとても美しかったんです。

人柄が滲み出て、自然と発せられる丁寧な優しいことば。
あたたかいんだけれど、しゃんと背筋が伸びるようなことば。

それは、喫茶店へ訪れた時に感じるものと全く同じでした。
言葉は声に出さなくても、身体に響き身体の中へ入っていきます。それはまるで、言葉を食べているようです。

その言葉が、どんな言葉か。
無意識に取り込んで、疲れたと感じたら、美しい言葉を食べてみてください。
その言葉が纏ったものに、身体は必ず反応し、自分と調和する言葉は、身体に響くときっと心地よさを運んでくれます。

----------
There was a coffee shop that I loved, and I would go there to relax, read a book, or organize myself.
However, I have to take the train to get there, so I'm patient now. I read a book about that coffee shop.

I found interviews with the shop's staff and the president, and I was so relieved by their words that I was able to get my body in shape.
Not only the content, but the way it was worded was very beautiful.

His personality oozes out, and his polite, gentle words come out naturally.
It's warm, but it also makes you stand up straight.

It was exactly the same as what I felt when I visited the coffee shop.
Even if you don't say the words out loud, they resonate in your body and go into your body. It's like eating the words.

What those words are.
If you take it in unconsciously and feel tired, try to eat some beautiful words.
The body will always respond to the words that you put on it, and the words that are in harmony with you will surely bring you comfort when they resonate with your body.

在り方を示す-Being2020.04.30

こんにちは。

このような状況の中、私がインストラクターを勤めるヨガスタジオでもオンラインレッスンを始めます。

そして、私はレッスンを提供しないことにしました。
オンラインレッスン事態は素晴らしいものだと思っています。
私もおうちで好きなインストラクターさんのオンラインレッスンを受けたり、ちょっとカラダを動かすことでかなり、リフレッシュできること、そして、ライブでやることで確実に 「他者との繋がり」 を感じることができ、私もとても救われています。

ただ、私が提供する事になぜか”違和感”がありました。
スタジオの皆さんのお役にたちたい!と願い、家で何も貢献できていない事にヤキモキしていた自分がいました。

それでも、今するべき事は「やらない事」だと判断しました。

今やるべき行動は人によって違うと思います。
置かれている状況もですし、もっと大きな、人生のタイミングとか、見ている世界によっても違うと思います。
そして、やらないと言う意志表示が自分の存在を表現しているパワフルな行為であり、この事が、誰かの何か大切な事に気付くキッカケになったらいいな、と思います。

自分の心地よいと思う事をやり続けてください。
私もそうします。

----------

Hello.

In this situation, the yoga studio where I teach is also starting to offer online classes.

And I have decided not to offer a lesson.
I think the online lesson thing is a great thing. I also find it very refreshing to take online lessons from my favorite instructors at home, and to move my body a little bit, and I definitely feel a sense of connection with others when I do it live.

However, there was a sense of discomfort with what I was offering.
I'd love to be of service to you guys in the studio! I found myself wishing that I hadn't been able to contribute anything at home.

Still, I decided that the only thing to do now was to "not do it.

I think the action to take now is different for everyone.
I think it depends on the situation you are in, but it also depends on the bigger point, the timing of your life and the world you are looking at.
And I hope that this is a powerful act of expressing one's existence, and that it will help someone to realize something important.

Keep doing what you feel comfortable doing.
I do, too.

自然とダンスに救われる日々-Days Saved by Nature and Dance2020.04.22

こんにちは。

みなさん、お元気ですか?
元気だったり、そうでなかったりすると思います。

情報は延々と入ってきて、状況は目まぐるしく変化し、コントロールしなければクラクラしそう。

予定がぜんぶ白紙になったり、とても、大きな変化のときではありますが、あることに気付きました。

それは、
「自然」 が近くなったことです。

悲しみやひたすら不安になる情報に浸されてしまう事もありますが、目の前に映ることをそのまま見てみると、それだけではありません。

いつもなら面倒だなーと行かなかった近所の公園までゆっくりと歩く日が増えました。

目線は以前より空へ、木漏れ日からさす日の光の方へ、遠くの木々へ向いていきます。

耳からは、さやさやと木々が揺れる音、小鳥のさえずりが聴こえます。

木も音も空も物も、優しくダンスしているように感じます。

身体が美しいものや心地よさを、より強く求めるようになりました。

事実を、事実としてそのまま見ること。
心がパッと明るくなる、
小さな瞬間を見逃さないでいたいですね。

----------

Hello.

How are you all doing?
I think they may or may not be fine.

Information is coming in endlessly, the situation is changing at a dizzying pace, and if you don't control it, you'll be in a daze.

All my plans have been blanked out, and even though it's a very very big time of change, I've realized something.

It is.
It's about getting closer to "nature."

There are times when I get soaked in information that makes me sad and anxious, but when I look at what I see in front of me as it is, there is more to it than that.
I have more days to walk slowly to an unpopular neighborhood park that I normally wouldn't go to because of the hassle.

My eyes go to the sky more than ever before, toward the sunlight filtering through the trees, toward the trees in the distance.

In my ears, I can hear the gentle rustling of trees and the chirping of birds.

The trees, the sounds, the sky, and the objects seem to be dancing gently.

My body has become more and more hungry for beauty and comfort.

Seeing the facts as they are.
I don't want to miss out on the small moments that make my heart light up.

Stay safe for all,

ことばで伝える-convey in words2020.04.04

こんにちは。今日はすこし外をお散歩してから動画編集をしました。
この日のブログでも告白した通り、こうして言葉をつかって表現することが大好きです。

なんで好きなんだろう。と思った時に、この距離感とその瞬間、私が感じた景色を伝えることができるからだと思いました。

ブログって、お手紙を読んでいるような感じがします。私も、あなたに向けたお手紙を書いているような気分です。私、ラジオも好きなんですけど、ラジオもその距離感が好きです。テレビよりも近くて、どうでもいい事やくだらない事を話すことが許されている場所のような気がします。

動画の編集って、初めてやったからと言うのもありますが、ほんっとーに難しいんですよ。
「もっと、こう言う感じでふわーんっと文字が出てきて欲しい」と思っても、その私がイメージする絶妙なふわーんを動画で表現するのって本当に大変。。
でも、文字なら私の思うふわーんをこの身体で感じながら、言葉を綴るとなんか伝わる感じがします。伝わってなかったらごめんなさい。笑
----------
Hello. Today, I took a short walk outside and edited a video.
As I confessed in my blog on this day, I love to express myself in words like this.

I don't know why I like it. I thought it was because of this distance and being able to convey the view I felt in that moment.

Blog is like reading a letter. I feel like I'm writing a letter to you too. I also like radio, and I like the distance between them. I feel like it's closer than TV, a place where we're allowed to talk about trivial things and crap.

Partly because it's the first time I've done it, but it's really difficult to edit a video.
It's really hard to express the exquisite fluff that I imagine in a video, even though I want the letters to appear more like this.
However, if it's a words, I feel that if I spell out the words while feeling the fluffy feeling I feel with my body, it will convey something. I'm sorry if I didn't get it. LOL

スタジオ2020.02.18

私にとって還る場所というか、ゼロ(ニュートラル)に戻る場所が「スタジオ」という場所だったりする。

何もない空間、床の上に大の字になって寝転がるとさっきまで騒がしかった頭がすぅーーっと静かになって、身体が会話しはじめる。

朝、窓の大きなスタジオなら太陽の光がまぶたを透かして感じられたり、少し窓を開ければ心地よい風が窓をすり抜けて私の元へ届く。
夜、天井の壁を突き抜けて星空を感じる。藍色の夜空や背中側には広い床、さらに下には夜のひんやりとした大地が。

そんなふうに、何でも感じて、心ゆくまで空っぽになったアタマを楽しんで。

誰のものでもない、自分だけのその心と身体に気付くじかん。

23