Ambient move.

Ambient move. );">

Blog

クライミングウォール2021.09.03

こんにちは。
気づけば9月、一気に秋になりましたねー!

そういえば先日、クライミングウォールを体験しました。
壁に石のような突起があり上まで登っていくスポーツです。ボルダリングとそっくりですが、
ボルダリングよりも壁は高く、8mあります。講師の方曰く "ボルダリングは短距離走、クライミングウォールは中距離走" だそうです。

ハーネス(安全ベルト)をつけて1人は登り、もう一人は陸で登る人のハーネスと自分のハーネスを繋げたリールを引いて、万が一相手が落ちても大丈夫なようにサポートします。

クライミングウォールって見ていると腕で登っているように見えますが、実は脚を一番使うそうです。
基本は手すり付きの階段を上るように3点(3角形)を保ちながら登っていくそうです。
そう説明を聞いたのにもかかわらず、いざやるとがっつり腕で登っておりました。笑

足の運びはいく通りも可能、腕や体を無理に使って力でトップまで登ることもできるし、体に無理なく安定した中でトップまで行くこともできる。

登りながら 「これって人生みたいだなー」 なんて
言葉にするとちょっと小っ恥ずかしいですが、とっても奥深い競技だとおもいました。

また、リール(陸でのサポート)をやっていても、相手の命を預かる大事な役目であることや、相手が安心して登れる声がけをすることなど、日常では忘れてしまっている根源的な感覚というか、命とダイレクトに繋がっている感じがしました。言葉にするのが難しいですが、この感覚はとっても大切なものなのは強く感じました。

私はなぜ突然クライミングウォールをやりに行ったのでしょう。笑
自分でもわからないのですが、何だか思い立ち自ら予約の電話をかけ、偶然にも当日に体験会があり参加したのでした。

----------
ソースポイントセラピーというエネルギーワークを行っています。
セッションは以下のアドレスから。SNSのDMよりお気軽にご質問もどうぞ♪
ambientmove@gmail.com
Instagram ID: ambient_move

グループレッスン2021.07.08

おはようございます。
今日は朝からこうして書いています。

私はプライベートレッスンとグループレッスンをやっているのですが、
グループレッスンは2年ほど同じ場所でやらせていただいています。そこで始めた時からずっと今日まで毎週通ってくださる方、最近いらしてくださる方と様々です。

2年やっていて、ずっと変わらず大切にしていることがあって、それは
「ゆるむこと」
「感じること」
「つながること」

です。緩むことができずに、緊張してカチコチの体では感じることが難しいので、
現代人の日常動作の中で「使いすぎ」「使わなすぎ」でかたまってしまった部分を動きの中でゆるめ、思考も体もフル回転で外に意識が向いている日中から、夜の休息モードへ切り替えます。自分の掌で「皮膚から伝わる体温」「肌の柔らかさ」「骨のフォルム」など「今ここの体」を感じ、体から外側への「空間のひろがり」を感じていきます。

体の動き的にこれがあっているのか、間違っているのか、それ以前に
「そもそもやってて心地よいかな?」
と気づいてもらいます。時にはあえて違和感のある動きと2つの動きを比べてもらうことも。

すると、ある時から毎週欠かさず2レッスン続けてくださっている方々にある変化がありました。

「今日は疲れているので1レッスンだけにします〜!」
「忙しかったけどこの時間だけは来たくて仕事抜け出しちゃった!」

そんなお声を聞くようになりました。
「日々変化する体の声を聞く」ことが、当たり前にできるようになっていたんです。体を動かすことでスッキリする日、とにかく寝ておうちにこもって休みたい日。「今日はこんな気分だからこうしよーっと。」と自分が心地よい方をさらりと選択している姿を見るたび、とっても嬉しい気持ちになります。

「コンスタントに通うことが美」ではないんです。
ちょっとした違和感に気づくこと、こうしたいなに気づきしなやかに行動していること。

それってシンプルで素敵!!
どうかその感覚を大切にしていてほしいな。
----------
ソースポイントセラピーというエネルギーワークを行っています。
セッションは以下のアドレスから♪
ambientmove@gmail.com
Instagram ID: ambient_move

気温30℃の東京からあなたへ2021.07.07

こんにちは。
大変ご無沙汰です。

皆さん、調子はいかがですか?
今日の東京、暑さと湿気がヤバいです。調子に乗ってアイスとか冷たいものとか、飲み過ぎないように過ごしたいですね。

さて、今日こうして書いているのは、特に意味はないんです。
と言うか書きたいことが特別あるわけじゃないんです。

ただ、こうして書き始めたら何か始まるかな、と思って書き始めました。
元々私がブログを始めたのって、特別なことを発信するためでなく、どちらかと言うと私の日常で見ている景色や空気をともに感じてもらえたらな、といった調子で始めました。

なにかを強く伝えようとすること意外にも、雑談やその人の佇まいから、何か大切なことに気付くことが多いと感じているからです。

とかいいつつも、日々過ごしていれば調子の良い時もそうでない時もありますよね。
すると、ちょっと心がザワついている時には
「今の私が何か発信したとこで全然よくないよなー」とか、
「書くからには良いこと書きたいな」
みたいな欲がモワモワと湧いてきて、結局私の書くことなんぞただのノイズでしかないかも…とか言い訳が始まるわけです。

(私のこと、結構いい感じの波に乗っているように感じてくれている仲間が多いのですが、あなたと一緒でいい時も悪い時もあるよぉーー何なら悪いときの方が…!笑 SNSってみんないい感じに見えるもんね)

ただ、そういった波があることこそが自然なありさまなんだと、この1年ほどで何度も気づかせてもらっています。それは、この1年での出会いが大きいのですが。そういった人たちお一人ずつと、お話しながらゆったり体にまつわる事をインスタライブとかしたら面白そう。

そういえば先日、「本気でトラウマを解消したいあなたへ」と言う素敵な本をお書きになった藤原ちえこさんのブログでこんな一言がありました。

「自分を苦しくするもの」の中に、真実はなにひとつありません。真実は、常に、「自分を楽にするもの」です

このシンプルな言葉にハッとさせられました。

自分の心が軽くなる方へ、自然と足の向く方へ、みんなで向かって行きましょうね♪

----------
ソースポイントセラピーというエネルギーワークを行っています。

セッションは以下のアドレスから♪
ambientmove@gmail.com
Instagram ID: ambient_move

エネルギーと心拍数2021.05.24

きのうはソースポイントセラピーの上級遠隔セッションウェビナーでした。

アメリカに住む創始者のBob Schrei(ボブ)とDonna Thomson(ドナ)とリアルタイムで繋がり、
日本でソースポイントセラピーを広め伝えてくださる佐藤博紀さん(ひろさん)の通訳、
そしてソースポイントを学び、活かし、さまざまなフィールドで活躍される方々と繋がって改めてワークの意図や方法を確認したりアップデートする時間でした。

ソースポイントセラピーは対面だけでなく、オンラインで繋がってセッションを提供することができます。また、オンラインで繋がらなくともセッションを提供できちゃいます。
このような時だからこそ、対面せずにサポートできるのは本当にいいなぁとおもいます。

で、ウェビナーが終わってからジムへトレーニングに行ったのですが、動いても動いても息は上がらないし、身体を内側からしっかり使えて気持ちよい汗をたっぷりかけました。実際に運動中の心拍数をみたらいつもより断然数値が下だったんです!

運動中にキツいときって大抵心臓が苦しいのがしんどいなーと感じるので、(血中酸素濃度とかも気になってきます)それがないと本当に快適に運動できます。

私の体感ですが、快適に動ける時の感覚って、歯車がカチッとあって全ての動きが全自動で行われていて、ストレスフリーで、どこにも緊張がない感じがします。

例えば、どこかが "ちょっとだけ" 無理して動いていたら、その動きを10回できても、100回はできないですよね。でも、動けば動くほどに、もっともっと動ける…! 100回でもいけそう!というか動くことが気持ちよくて100回やっていたい!と思うことがあります。(やらないですけどね笑)

呼吸、エネルギーの流れ、骨や筋肉の繋がりと連動、重力との関係性、空間との調和…。身体の中の小さな動きから、地球や宇宙の惑星の動きまで…?!全部が繋がっているかんじがします。

ソースポイントのウェビナーを通して健全とつながる感覚をクリアにしたことで、心拍数の変化があり、沢山動いても全然疲れなかったよ。というおはなしでした。
目に見えない部分が変化し、目に見える部分も変わっていく。実際に身体で感じれるとよりワークの面白さが深まっていきます。

ソースポイントセラピーに興味をもってくださった方はぜひ体験してみてください。私にご連絡くだされば、セッションできますし、お近くのプラクティショナーの方をご紹介できるかもしれません♪

----------
Ambient move. というボディメソッド
ソースポイントセラピーというエネルギーワークを行っています。
セッションは以下のアドレスから♪
ambientmove@gmail.com
Instagram ID: ambient_move

 

アシンメトリーな身体2021.04.07

こんにちは!
今朝は、朝日と小鳥のさえずりですっきりと目覚めたので近所をお散歩しました。爽やかな気分で起きると気持ちがいいですね。
今日から新学期なのかな? ちっちゃなヒヨコみたいに黄色い帽子をかぶった1年生や、お道具箱と絵具やら沢山の荷物を抱えた小学生をたくさん見かけました。

そうそう、近所の公園に私の大好きな大きな木があって、今日は張り出した木の根っこに裸足でのってみました。
少し前までは寒くてやれてなかったんですけどね、「天然青竹踏み」です。
すると、足裏にまだ朝の少しひんやりとした、でも少しあたたかいような木の温度が伝わります。ゴツゴツとした木肌や斜面になっている根っこの上でバランスをとるために、無意識に膝と尾てい骨はゆるみ、骨盤が柔らかくスイングするように全身でバランスをとっていることに気付きました。

見かけではほとんど見えないような揺れですが、身体の内側では骨の1つ1つや神経が素早く足裏の情報をキャッチして、耐震構造のおうちみたいです。
重心が骨盤の方にストンと降りて、それだけで身体が調っちゃいました。

自然の中にいると、いつでも身体はアシンメトリーな環境に反応します。
太陽が身体の一方から差したり、風、石ころ、木の根…
日常の中でも、誰かと歩いていたら人のいる側に広がるスペースと、いない側に広がるスペースと、空間の広がりが違いますよね。
そんなこと、意識していないことがほとんどですが、無意識に身体は反応していたり、その環境に適応しています。

ふと思い出した時に、街を歩きながら少しだけ自分が何に反応し、どう感じているか観察してみてくださいね。
なにか発見があるかもしれませんよ♪

----------
Ambient move. というボディメソッドを行っています。
2人組で背中合わせになり波のように色々な方向へ背骨を動かすことで、緊張から開放し、自分のなかと繋がっていくワークです。
セッションは以下のアドレスから♪
ambientmove@gmail.com
Instagram ID: ambient_move

12